BLOG

家族葬の流れや誤解について

2018/09/08

家族葬について誤った知識を持っている方も少なくないようです。その一つとして、家族葬イコール無宗教葬という考え方です。もちろん、無宗教で行うケースもあります。しかし、一般的には僧侶などの宗教者を招いた通常の形をとられることが多いでしょう。ただ、どのような形で行うのかは喪家の判断になりますので、参列する方はどのような形で行うのかを事前に確認しておいた方が良いと思います。家族葬についてのよくある誤りとして、香典はいらない・家族葬=無宗教葬・家族葬=とにかく費用が安い・家族葬=家族以外には知らせなくて済む葬儀などがあげられます。家族葬の流れとしては、一般の葬儀と同じように進行するのが一般的です。通夜、告別式も通常通りに行われます。最近では、告別式だけの一日葬というのも多くなりました。通常の葬儀と違う点は参列者が少数だということです。そのため、身内だけでゆっくりと故人様を送ることができます。これが家族葬の最大のメリットと言えるでしょう。楽で低価格なお葬式が家族葬ではなく、少数の身内だけで故人様と向き合いたい。そんなニーズに応えるのが家族葬です。わたくしたちは、そういうお客様の希望にお答えできるように、サポートさせていただきます。